お薦めセット
かき・あさり
貝類
かに・えび
さんま・さんま加工品
鮭・鮮魚
魚卵
干物・珍味
昆布・のり
加工品・その他
わけあり商品

厚岸かきのご紹介
グルメレシピ
直売店ガイド
厚岸観光ガイド
厚岸漁業協同組合概要

●当店のプライバシーポリシー●

●厚岸漁協個人情報保護方針●

携帯サイトはこちら!
QRコード
http://www.a-uroko.or.jp/mob/

◇お問い合せ先◇
 
お問い合せは、お電話またはメールでお願いいたします。
■サポート窓口
電話 0153-52-0117
メール info@a-uroko.or.jp
受付時間 9:00〜17:00

なお、1月1日〜1月7日及び当店既定の休業日はお休みをいただいております。
また、営業時間外にメールでお問い合わせをいただいた場合、翌営業日にご連絡を差し上げます。 何卒ご了承下さい。


おしながき
〜クリックすると、その部分をご覧になれます〜


殻付き牡蛎の簡単においしく召し上がる方法

かき料理のおいしい召し上がり方

うまみ引き出す特撰レシピ

殻付き牡蛎の剥き方

ホッキの剥き方

さんまの三枚おろし



 


■ 殻付きかきを簡単においしく召し上がる方法 ■

冷たく冷やして、 レモン、ライム、
すだち、ゆず、だいだいなどを絞って
いただきます。

大きめの皿に、ふくらみのある方を下に
して、4〜6個をラップで皿ごと包み込み
電子レンジへ。
5〜6分で水蒸気を上げて、簡単で
あつあつの 蒸しかきのできあがり。

まずは、鍋に水を1cm位入れてください。
次に殻付かきのふくらみのある方を
下にして3段に重ね、強火で15分程度
蒸します。
口が開いたらそのままお召し上がり
ください。

貝のふくらんでいる方を下にして
焼いてください。
少し口が開いたら食べ時です。
汁をこぼさずに!
これが、厚岸の味!厚岸の牡蛎です。

※「むきかき」を焼く場合は、
  焼きすぎにならないように、
 カキの身がふくらんで黒い縁が
  縮み始めた時が食べごろです。




■ かき料理のおいしい召し上がり方 ■
つぶさないように、まるくまとめます。
油の温度は180℃くらいで、からっと揚げます。
かきをサッとゆがき、ゆで汁でホワイトソースを作るのがポイント。
かきがらに具を入れて焼きます。




■ うまみ引き出す特撰レシピ ■



●材料(4人分)
牡蛎・・・・・20〜30個
ご飯・・・・・・・4人分
海苔・・・・・・2〜3枚
いくら・・・・・・少々
片栗粉・・・・・・適量
揚げ油・・・・・・適量
おぼろ昆布・・・・少々
とろろ昆布・・・・少々
青じそ・・・・・・少々

<漬けこむたれ>
醤油・みりん・酒・
赤唐辛子・赤南蛮

<かけるたれ>

醤油・みりん・砂糖
●作り方
1. ご飯をふっくら炊きます。
2. 牡蛎はうすい塩水で丁寧に洗い、水気を切って
たれに漬け込みます。(半日くらいが適当)

海苔はさっと焼いてもみ、おぼろ昆布はちぎっておきます。
青じそは千切りにします。

3. 牡蛎はキッチンペーパーでしっかり水気をとり、片栗粉をまぶして
揚げます。
4. 丼にご飯を盛り、たれを少々かけます。
揚げたての牡蛎を少しご飯に埋め込むように盛りつけ、
たっぷりのもみ海苔、おぼろ昆布などをちらします。
中央にいくらをのせて出来上がり。




●材料(4人分)
生牡蛎・・・・・・16個
塩・・・・・・・・少々
コショウ・・・・・少々
ほうれん草・・・・・1束
バター・・・・・大さじ1

<調味料>
マヨネーズ・・・大さじ6
ケチャップ・・・大さじ2
卵黄・・・・・・・1個分
●作り方
1. 牡蛎は湯通しして、塩・コショウで下味をつけます。
2. ほうれん草は茹でて5センチに切り、バターで炒めます。
3. 卵黄と調味料をまぜあわせ、ソースを作ります。
4. 牡蛎の洗った殻にほうれん草を敷いて、その上に牡蛎をのせ、
ソースをかけてオーブントースターで焼き目をつけます。




●材料(4人分)
米・・・・・・・2カップ
もち米・・・・・1カップ
牡蛎・・・・・・・300g
ごぼう・・・・・・・50g
干ししいたけ・・3〜4枚
にんじん・・・・・・50g
帆立貝柱燻製・・・・2個
揚げ油・・・・・・適量

ラード・・・・・大さじ1
片栗粉・上新粉・・1:1
卵・・・・・・・・・1個
酒・・・・・・・大さじ1
醤油・・・・・大さじ2強
みりん・・・・・大さじ2
だし・・・・・・小さじ1
しょうが・・・少々
●作り方
1. 米は洗ってザルにあけ水を切ります。
2. 帆立貝柱の燻製は湯でもどし細かくほぐします。(もどし汁は捨てない)
3. 牡蛎は塩を少々ふりかけ洗い、水気をきって下味をつけます。
4. ごぼうはささがきにし、水に浸してアクをぬきます。
5. 干ししいたけは水でもどし、にんじんと同様に細切りにします。
6. の牡蛎に卵・片栗粉・上新粉をまぶし、高温の油でさっと揚げます。
7. 米を炊飯器に入れ、1割減の水加減にします。
8. 牡蛎以外のすべての材料をに入れ、普通に炊きます。
9. 15分くらいすぎに蒸気がふきあがって2〜3分後に1度蓋をあけの牡蛎をのせ、再び蓋をして
そのまま炊きます。
スイッチが切れてからそのまま蒸らし、牡蛎をくずさないように全体を混ぜ合わせます。

10. 炊き上がったご飯を、いろり鍋にラードをぬり、ラード大さじ1をまわし全体をかるく混ぜます。
11. 塩少々を入れて茹でたさやいんげんを細切りにしたものを散らします。




■ 殻付き牡蠣の剥き方 ■

 
1. 深い殻の方を下にして右図の位置よりナイフの刃を上下の殻の間にから差し込みます。
上下の殻の合わせ目がわからない時は、殻の端先を少し欠きますとすぐわかります。
2. ナイフの刃先は上殻の内面にそわせて入れていき、3センチくらいナイフが入りましたら図の矢印の方へ柄を動かすと貝柱が切れます。
3. 殻が3ミリくらい開きますので、もう1度ナイフを上殻にそわせて貝柱を切るときれいに剥くことができます。
4. 上殻を上に開くと身が下殻に付いて開きますので、下殻の貝柱を切って召し上がってください。
※軍手をはめるなど、刃物の取り扱いには十分ご注意ください!!
ナイフを差し込みにくい時は、ペンチやカナヅチで殻の端を欠くのも有効です。


↓ 動画もご用意しています。ご参考ください。 ↓
※音声が出ます



■ ホッキの剥き方 ■

※音声が出ます






■ サンマの三枚おろし ■

※音声が出ます




    厚岸漁業協同組合  直売店「エーウロコ」    〒088−1128 北海道厚岸郡厚岸町港町5丁目3番地   
Copyright (C) 2005- a-uroko.or.jp All Rights Reserved.